(^o?)!
Q&A
歯科矯正についての疑問にお答えします。

質問7◆顎の大きさは遺伝子で決まるというのは本当ですか?

例えば、身長が190cmを超えるお父さんが、3歳のお子さんを連れてこられて「この子の身長を160cm以内に止めてください」とおっしゃられたとします。3歳から鉄の帽子をかぶせるなどの治療をしても、160cmを超えることが考えられます。身長が何cmまで伸びるかは神様にしか分からないことでしょう。成長には、その子のおかれている環境といろいろな遺伝子の要素が大きく作用します。成長の予測はできますが、止めることはできません。
顎の骨の発達も身長と同じことがいえます。
ほとんどの「受け口」は矯正で治すことができます。ただ、ある程度成長された「受け口」の方には、矯正した上で外科手術が必要になります。
ご両親とも大きな顎でいらっしゃる方がお子さんを連れていらして「受け口を治して、将来小さな顎にして下さい」とお願いされても、矯正科医はそのお子さんが大人になった時、顎がどこまで大きくなるか分かりませんし、成長を止めてしまうことは難しい、ということなのです。もし顎の成長を止めますという方がいたとすれば、身長も自由に調節できる魔術師でしょう。というわけで、顎の大きさは遺伝子の要素が大きく働いており、身長の伸びているうちは顎の成長も続きます。私たちは顎の成長を気長に観察しながら矯正を進めていきます。
受け口に気づかれた時はご相談下さい。
質問1
◆15歳位までに永久歯が生えそろうと言われていますが、それ以前に矯正治療を開始した方がいいのですか?
質問2
◆治療には痛みを伴うのですか?
質問3
◆治療はどれくらいの期間かかるのですか?
質問4
◆矯正した歯は、もとにもどらないの?
質問5
◆顎の手術ってあるんですか?
質問6
◆歯を抜かなくても矯正できるのですか?
質問7
◆顎の大きさは遺伝子で決まるというのは本当ですか?
質問8
◆矯正治療では歯を抜かない方が良いですか?